2016年 第109回京都記念 レース後のコメント

京都11Rの京都記念(4歳以上GII・芝2200m)は6番人気サトノクラウン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分17秒7(重)。3馬身差の2着に3番人気タッチングスピーチ、さらにクビ差の3着に4番人気アドマイヤデウスが入った。

サトノクラウンは美浦・堀宣行厩舎の4歳牡馬で、父Marju、母ジョコンダ2(母の父Rossini)。通算成績は7戦4勝。

【2016年 京都記念 レース後のコメント】
1着 サトノクラウン(M.デムーロ騎手)
「今日の馬場でも強いレースでした。スタートがよく、道中はリズムよく走って、最後までいい伸びでした。直線では後ろから何かが来るかと思っていましたが、何も来ませんでした。去年より馬がよくなっているのだと思います」

2着 タッチングスピーチ(福永祐一騎手)
「イメージ通り、スタートよく出て、いい位置で流れに乗りました。ズブい面があって、3コーナーから手を動かす形でしたが、最後までしっかり伸びてくれました。ただ、前に1頭強い馬がいましたね。タフな馬場で牡馬相手にこれだけやれるのですから、力をつけていますね」

3着 アドマイヤデウス(橋田満調教師)
「内枠だったので、馬場のいいところへ持っていけませんでした。その中ではよく走っていると思います。今後は馬の状態を見てから決めたいと思います」

4着 ヒストリカル(田中勝春騎手)
「馬場のいい外めを回っていきました。がんばって伸びてはいましたが……」

5着 ヤマカツエース(池添謙一騎手)
「状態は変わりなく来ていたので、道中の折り合いをしっかりつけようと思い、進めました。4コーナーを回ってからも手応えは十分でした。サトノクラウンが抜け出してからつかまえられそうだと思ったのですが、最後は苦しくなりました。外を走っていて、脚をとられてしまいました。この馬場なので、距離がどうかを見極めるのは難しいと思います。馬場が悪すぎました」

7着 トウシンモンステラ(小牧太騎手)
「このメンバーが相手でも、まずまずがんばっているのではないでしょうか」

11着 ミュゼゴースト(和田竜二騎手)
「外枠を引いていましたし、イメージよりも力を入れて走っていました。一回使って変わるのではないでしょうか」

12着 レーヴミストラル(川田将雅騎手)
「この馬場ではまったく無理でした。具合がよかっただけに残念です」

この記事のトラックバックURL